2016. . 28

コスモス 2016

前回の予告通り、今回はコスモス特集です。
毎年10月は決まって万博公園の「花の丘」に通い詰める毎日となります。
コスモス
万博公園の「花の丘」の良い点は、キバナコスモスと普通のコスモスが一緒に植えられていて、同時に開花時期を迎える
ことです。そのため、こんな華やかで色とりどりの背景の作品が撮れます。
コスモス
主題のコスモスは日陰、背景には日が当たっている状態で、光の明暗差を利用して撮っています。
コスモス
警戒心が強いのか、カメラを近づけるとすぐ逃げていってしまうことが多かったクマバチさんですが、この日はコスモスの
蜜を吸うのに夢中だったようで、すぐ近くまで飛んできてくれました。
コスモス
実はコスモスにはこんな曇り空もしっとりして似合うと思います。
様々な表現ができるのが、この花の魅力です。
( 以上4枚 Nikon D750+ AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED 撮影場所:万博公園)
コスモス
今年は10月に入っても夏を感じさせるような気温の高い日が多く、空には雲が多くて、こんな雲一つない青空はもう
望めないかもと思っていましたが、終盤になって快晴の日がやってきました。
フィッシュアイを使うときは、いつも逆光が多かったので、これはあえて順光で撮りました。
コスモス
最後は毎年恒例の逆光でフィッシュアイを使った撮り方。
太陽に向かって咲くコスモスの活き活きとした力強さが伝わるように撮りました。
(以上2枚 Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:万博公園)

今年も様々な天候、光の違いを意識しながら、それぞれ違った表現ができたのではないかと思っています。
コスモスは、今後も私にとっては好きな被写体ナンバーワンであり続けるでしょうね。
スポンサーサイト
 HOME