2012. . 16

TAMRON 180mm マクロ

つい最近、念願だったレンズ「TAMRON 180mm MACRO」を手に入れました。
そんなわけで早速試し撮り。
前回と同じく京都府立植物園の「花の回廊」へと再び足を運びました。
プリムラ
プリムラです。
前回も同じ構図でNikonの105mmを使って撮影したのですが、
やはりこちらの方が背景のボケが大きくてキレイでした。
ナノハナ
ナノハナです。
前ボケで茎を隠し、花だけ見えるように撮影。
ラナンキュラス
ラナンキュラスです。
なんてことない構図ですが、こちらも背景のボケが美しいお陰でキレイに見えます。
シネラリア
シネラリアです。
前ボケで主題の花を囲むように撮影。
フロックス
フロックスです。
100mmクラスのレンズだと、背景のボケはもう少し硬い感じになったはずです。
ツバキ
こちらは「都市緑化植物園」で撮影したツバキです。
他のツバキの花たちがピンクの玉ボケになって映り込んでいます。
(以上全て Nikon D700+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

まだまだ使い始めたばかりで、今まで愛用していた105mmとつい同じような
撮り方になってしまいます。
これから少しずつこのレンズの特性を理解して、望遠マクロにしか
出来ない表現が出来るようになれたらと思っています。
スポンサーサイト
 HOME