2016. . 09

ずっと一緒に

早いもので今年ももう師走になってしまいました。
この秋から冬にかけては、普段なかなか会えない友達に会えたり、楽しいお誘いがあったり
他にもとっても嬉しいことがあったりと、ハッピーなことが続いていました。
その合間に撮影会にも参加していたので、かなり忙しかったのですが、
体力が乏しい私でも、楽しいことはちゃんとこなせるものなんですね。
紅葉
紅葉をフィッシュアイで撮ったらどうなるか?と思い試しにやってみました。
いつもと違う面白い作品が撮れました。
(Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:しょうざんリゾート京都)
クモの巣
撮影実習中、江口先生に手招きされたので行ってみたらこの綺麗なクモの巣がありました。
やっぱり江口先生は条件の良いクモの巣を見つける天才です。
クモの巣撮影は特に難しいテクニックが要るわけではなく、条件が揃っていれば誰でもきれいに撮れます。
クモの巣
上の写真と同じクモの巣です。風に吹かれてゆらゆら動くので、シャッターを押し続けているといろんなパターンで
撮れます。
( 以上2枚 Nikon D750+ AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED 撮影場所:京都府立植物園)
モミジ
背景が美しい秋色になるように、頑張りました。
モミジ
クモの糸に引っかかって二枚一緒にくるくる回っていた落ち葉のカップルです。
ずーっとどこまでも一緒。
(以上2枚 Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 撮影場所:万博公園)

来年も今のハッピーな流れに乗って、幸せな一年にしたいと思います。
スポンサーサイト
2016. . 28

コスモス 2016

前回の予告通り、今回はコスモス特集です。
毎年10月は決まって万博公園の「花の丘」に通い詰める毎日となります。
コスモス
万博公園の「花の丘」の良い点は、キバナコスモスと普通のコスモスが一緒に植えられていて、同時に開花時期を迎える
ことです。そのため、こんな華やかで色とりどりの背景の作品が撮れます。
コスモス
主題のコスモスは日陰、背景には日が当たっている状態で、光の明暗差を利用して撮っています。
コスモス
警戒心が強いのか、カメラを近づけるとすぐ逃げていってしまうことが多かったクマバチさんですが、この日はコスモスの
蜜を吸うのに夢中だったようで、すぐ近くまで飛んできてくれました。
コスモス
実はコスモスにはこんな曇り空もしっとりして似合うと思います。
様々な表現ができるのが、この花の魅力です。
( 以上4枚 Nikon D750+ AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED 撮影場所:万博公園)
コスモス
今年は10月に入っても夏を感じさせるような気温の高い日が多く、空には雲が多くて、こんな雲一つない青空はもう
望めないかもと思っていましたが、終盤になって快晴の日がやってきました。
フィッシュアイを使うときは、いつも逆光が多かったので、これはあえて順光で撮りました。
コスモス
最後は毎年恒例の逆光でフィッシュアイを使った撮り方。
太陽に向かって咲くコスモスの活き活きとした力強さが伝わるように撮りました。
(以上2枚 Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:万博公園)

今年も様々な天候、光の違いを意識しながら、それぞれ違った表現ができたのではないかと思っています。
コスモスは、今後も私にとっては好きな被写体ナンバーワンであり続けるでしょうね。
2016. . 20

木陰の彼岸花

ヒガンバナが咲き終わって、バラやコスモスが咲き始めるまでの間、いつも被写体がなくて困ることが多いです。
今年もそのパターンになってしまい、先月はブログも更新できずじまい。
先日ようやく、バラを撮って作品数を揃えました。
ギボウシ
夏に撮ったのでちょっと季節はずれになってしまいましたが、ギボウシです。
手前にもう1本ギボウシがあって、それを前ボケにしています。(撮影場所:京都府立植物園)
リコリス
濃いピンクのリコリスです。
ピントはしべの先の花粉に合わせ、花びらの曲線が美しくボケるように撮っています。(撮影場所:都市緑化植物園)
バラ
白いバラに止まったチャバネセセリチョウです。昆虫は目にピントを合わせるのが基本ですね。(撮影場所:中之島公園)
ヒガンバナ
雨の日に撮ったヒガンバナです。雫の丸ボケがでるようにピント位置を選びました。(撮影場所:京都府立植物園)
シロヒガンバナ
木陰で咲いていたシロヒガンバナです。背景の光の明暗を活かして撮っています。(撮影場所:万博公園)
バラ
バラの撮影ではいつも苦戦するのですが、今回は女性らしく柔らかい雰囲気でまとめることができました。
(撮影場所:中之島公園)
(全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

今現在は、被写体に困ることはなく、万博公園の満開のコスモスの撮影に飛び回っています。
近いうちにまたコスモスで更新できると思います。
2015. . 25

暖冬のきざし

早くも今年も残すところあと少し。
ですが、今年は12月に入っても暖かい日が続いているのでダウンコートなんて
来て撮影していると、汗が背中を流れたりします。
モミジ
今年の秋は暖かい日が多かったせいで、紅葉が綺麗に色付きませんでしたね。
いつまでも緑のままだったり、赤くなる前に枯れて茶色になってしまったり。
これは12月に入ってからようやく撮影できたものです。
葉が傷んでいなかったのは幸いでした。(撮影場所:都市緑化植物園)
サザンカ
今年の紅葉はだめでしたが、その代わりサザンカやツバキが例年よりも早くたくさん咲いています。
いつもなら12月は被写体に困る時期ですが、今年は全然困っていません。(撮影場所:万博公園)
ツバキ
ツバキもいくつかがすでに見頃になっています。
ヒヨドリか何かが蜜を吸いにやってくると、花が傷んでしまうので、
ともかく鳥たちに気付かれるよりも早く撮影しないといけません。(撮影場所:万博公園)
(以上3枚 Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)
コスモス
これと下のコスモスは、10月に撮影したものです。
前回書いたように某フォトコンに応募した作品ですが、見事に「落選」したので、ここにUPしておきます(笑)。
作品中に人影を入れたくないので、開園と同時にゲートから飛び込み、小走りに走って誰よりも早くコスモスの
咲く「花の丘」に到着して撮影したものです。とはいえ、上の写真はすでに人影が写っていますが(笑)
コスモス
( 以上2枚 Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:万博公園)

被写体もたくさんあることだし、年末年始もできるかぎり多く撮りに出掛けようと思っています。
2015. . 25

コスモス2015 その2

すっかり更新が遅くなってしまいました。
もうコスモスの季節は終わっていますが、今回もコスモスの続きです。
コスモス
万博公園の有り難いところは、単色ではなく様々な色のコスモスが一緒に植えられている
ゾーンがあるところです。そこで撮れば背景が華やかな作品が色んなパターンで撮れます。
コスモス
主題の後ろにあるコスモスに日が当たっていて、明暗のグラデーションが美しかったので
それを活かせるようにまとめました。
コスモス
これも一枚目と同じ、色々な色のコスモスが植えられているところで撮っています。
後ろのコスモスとは少し距離があるので丸ボケになっています。
コスモス
これも同じ場所で撮っています。
主題と背景を変えただけで、基本的にすべて撮り方は同じ(主題が日陰にあり、
背景に日が当たっている状態)です。
この撮り方で気を遣うのは、いかに背景の彩りとボケを美しく描写できるかです。
(以上全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 撮影場所:万博公園)

他にまだフィッシュアイで撮ったものがあるのですが、フォトコンに出してしまったので
ここではまだ紹介できません。落選したらUPします(笑)。
 HOME