FC2ブログ
--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. . 26

夏の風物詩

今年は7月中は気温低めで過ごしやすい日が多かったのに、8月になると連日猛暑。
一年で一番撮影意欲が鈍るシーズンです。
夏の間は頑張りが利かず、年々集中力が落ちているのを感じます。
被写体がないわけではないので、これは自分でもちょっと寂しいですね。
ハス
先月撮ったハスです。今年は万博公園の早朝観蓮会には用事が重なっていけなかったのですが、
早朝ではなくても、午前中はまだ一応ハスの花も閉じずに咲いてました。(撮影場所:万博公園)
ギボウシ
今年はどういうわけか、いろんなところでギボウシに遭遇。木漏れ日の丸ボケを背景にしています。
(撮影場所:都市緑化植物園)
ユリ
こちらのユリも背景に丸ボケを入れて、素直に撮っています。(撮影場所:京都府立植物園)
クモの巣
今や江口先生の写真学園では夏の風物詩ともいえるクモの巣。
毎年1回は必ず撮影実習のときに撮ります。
ハスやひまわりと並んで、夏というと「クモの巣!」を連想するようになりました。
最近は被写体として一般の方の関心も高いようです。(撮影場所:京都府立植物園)
アサガオ
京都府立植物園のアサガオ展で撮ったアサガオです。葉っぱを前ボケにしています。
この作品を撮るためにバシャバシャとシャッター音を響かせていたら、おばさま二人連れが私の撮っているアサガオの
真横にやってきて、お互いに記念写真を撮り始めました。
上のアサガオの花は葉っぱの内側で隠れるように一輪だけ咲いていたので、おばさま達からは見えていません。
あとはつると葉っぱしかないのに、なぜかおばさまたちはわざわざここで記念撮影していかれました(笑)。
カメラマンなら経験あるかと思いますが、シャッター音を響かせていると、なぜか人が寄ってくるんですよね。
「ここは撮影ポイントらしいから、自分たちもここで撮らなくちゃ」と思うみたいですね(笑)。
マクロレンズですから、撮ってる本人の目の中にしか作品はないんですけどね。
時におばさまたちの行動は不思議で面白いです(笑)。 (撮影場所:京都府立植物園)
(全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

昨日は早くも秋の虫の声を聴きました。
まだまだ日中は猛暑ですけど、確実に秋に向かっているのを感じます。
来月はもう少し元気も復活してるかな?
スポンサーサイト
2015. . 17

ヒマワリ 2015

今回はヒマワリ特集です。

今年は7月中はさほど暑くもなく調子良く過ごせていたのに、
8月に入ると突然の連続猛暑日。
一年で一番撮影がキツイ季節の上、暑さに体が慣れていなかったので
大阪よりも暑い京都府立植物園まで出掛ける元気はなし。
そんなわけで被写体は万博公園のヒマワリに集中。
ヒマワリ
木陰で咲いていたヒマワリです。背景には一部日が当たっていて明暗差を活かしています。
ヒマワリとアリ
アリがチョロチョロ動き回っていたので、まず構図を決めて、思ったところに
アリが出てきてくれるのを待ちました。でも、ピントがあったのは2枚くらい。
ヒマワリ
イタリアンホワイトという種類の小ぶりで色も薄めのヒマワリです。
この種類が好きで毎年撮っています。
ヒマワリ
毎年同じ時期に同じ場所でヒマワリを撮るのですが、ファインダーを覗くと昨年は見えなかった世界が
今年は見えたりします。一年の間に自分が進歩しているんですね。
これだから写真は飽きることがありません。
( 以上4枚 Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)
ヒマワリ
毎年一枚は絶対撮りたくなるヒマワリと青い空と太陽の組合せ。
今年もヒマワリの撮り納めはこれになりました。
( Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

これからしばらくは猛暑日もなさそうでホッとしています。
夏生まれなのに、年々夏が苦手なってます。
あ~早く涼しくなってくれないかな。
2014. . 23

夏到来

近畿地方は先日梅雨明けし、夏本番に入りました。
我が家の周りでは毎朝、クマゼミかアブラゼミかの合唱が騒がしいです。
アジサイ
もう一月以上前に撮ったアジサイです。
お天気が良く、後ろの木の葉っぱが光に反射して丸ボケが出る条件が揃っていたのですが、
絞り開放では綺麗な丸ボケにならなかったため、少しだけ絞っています。
(Nikon D300+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 撮影場所:万博公園)
ガクアジサイ
ガクアジサイです。アジサイは私にとっては難しい被写体で、毎年試行錯誤しています。
(撮影場所:万博公園)
ヒマワリ
ヒマワリとミツバチの組合せは、夏そのもの。
ミツバチはかなり近寄っても逃げないので意外と撮りやすいです。(撮影場所:京都府立植物園)
ハス
毎年恒例の万博公園の「早朝観蓮会」。今年も何度も足を運びました。
これはハスの葉の間から覗くようにして撮っています。(撮影場所:万博公園)
ユリ
白いユリは格別の清楚さがあります。
この清楚さを損なわないように明るく撮りました。(撮影場所:京都府立植物園)
セミの抜け殻
京都府立植物園が早朝開園を実施しているので、朝5時に起きて行ってみました。
そうしたら、オリエンタルリリーのつぼみにご覧のようなセミの抜け殻が二つ。
園内を一周して戻ってきたら、もうそこにはありませんでした。たぶん子どもさんが
見つけて持って行かれたのだと思います。
やっぱり早起きするとシャッターチャンスに恵まれます。(撮影場所:京都府立植物園)
(以上5枚 Nikon D700+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

京都府立植物園の早朝開園は8月17日まで実施されているので、
次回はアサガオを撮りに行こうと思っています。
2013. . 23

夏の終わり

今月に入ってから雨続きだったり、台風が来たりと
とても変わりやすいお天気でしたね。

例年この時期は一時的に被写体が減ってしまう時
なのですが、少ない被写体の中から撮れたものを
集めてみました。
ヒガンバナ
ヒガンバナです。赤と緑を対比させて鮮やかに。(撮影場所:万博公園)
ヒガンバナ
同じくヒガンバナを丸ボケを背景に。(撮影場所:京都府立植物園)
センニチコウ
センニチコウです。赤の配置を考えて撮っています。(撮影場所:万博公園)
ナツヅイセン
ナツヅイセンです。今年は万博公園のナツヅイセンの見頃の時期に撮りに行くことが
できず、悔しい思いをしていたのですが、ラッキーなことに都市緑化植物園で見頃に
間に合いました(撮影場所:都市緑化植物園)
ススキ
ススキです。ススキは夏の終わりというより秋のイメージですね。(撮影場所:万博公園)
(以上全て Nikon D300+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

意識したわけではないのですが、今回は黒を背景にしたものが
多くなってしまいました。
黒が多いと、なんとなく男性の作品のようになってしまう(気がする)ので、
明るい色遣いを心がけているのですが、まあたまにはいいかな。
2013. . 18

猛暑が続く

今年の夏はとてつもなく暑いですね。
どうなっているんだろうという気温の中、それでもいつも通り花を撮りに出掛けています。
但し、午前中の2時間に限ったり、こまめに水分補給したり、しょっちゅう木陰で休んだり
しながらのユルユルペースにしています。
ハス
先月、万博公園が「早朝観蓮会」を開催していたときに撮影したハスです。
できればひと夏中、早朝開園して欲しいですね。(撮影場所:万博公園)
ユリ
ユリです。
実際には暑い日でしたが、木陰で白いユリが咲いていると、涼しげに見えます。(撮影場所:京都府立植物園)
アサガオ
京都府立植物園では、「植物展示場」で様々な品種のアサガオを展示しています。
屋根付きの会場で風も吹いてくるとあって、炎天下で撮影しているよりはずっと楽です。
アサガオらしさを出すために、蔓もいれてみました。(撮影場所:京都府立植物園)
ヒマワリ
毎年撮っているヒマワリと太陽と青い空の組合せ。
今年はヒマワリの種類を「ゴッホのひまわり」にしてみました。
(Canon EOS 5D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:万博公園)
アサガオ
こちらも京都府立植物園で撮影したアサガオです。
早朝開園期間中だったので午前8時に行ったのですが、こんな綺麗な色をしたアサガオが咲いていました。
やはり早起きするといいことがありますね。(撮影場所:京都府立植物園)
(以上ヒマワリ以外は Nikon D300+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

まだまだ暑い日が続きそうな上、京都府立植物園の早朝開園も今日で終わりということで
今後しばらくきついコンディションの中での撮影となりそうです。
皆様も体調壊されませんように。


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。