FC2ブログ
--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. . 26

桜 2018

今回は前回予告したサクラ特集です。
シダレザクラ
シダレザクラはたくさん咲いていても、主題になり得るきれいな枝を見つけるのは
案外難しいことが多いです。(撮影場所:万博公園)
ヤエザクラ
黒っぽい枝や葉っぱが極力写り込まないようにカットし、背景はサクラの花の丸ボケでまとめています。
(撮影場所:京都御苑)
シダレザクラ
風に吹かれて揺れているシダレザクラを狙いました。
背景に青空を入れて爽やかさを出しています。(撮影場所:上賀茂神社)
(以上3枚 Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO )
ソメイヨシノ
夜桜を撮ったのは4年ぶり。
「満開の状態で雲がない晴天であること」という条件が整ったときに撮ることにしています。
今年はその条件が揃いました。しかも、今年は開花が早かったことが幸いして、
こんなふうに満月前夜の月と一緒に撮れました。(撮影場所:万博公園)
(Nikon D750+TAMROM AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical )

毎年、同じような場所でサクラを撮っていますが、決して同じような作品には
ならないところがマクロの面白いところです。
スポンサーサイト
2018. . 14

スズランじゃなくて...

今年はサクラが咲くのが早くて慌ててしまいました。
3月下旬から4月上旬までサクラを撮るのに忙しくて、それ以前に撮ってあったツバキを
UPする暇がありませんでした。
今回は少し季節外れになってしまいましたが、ツバキを中心に更新します。
ツバキ
画面左下のツバキの花びらの一部に傷んでいる部分があったので、
写し込まないようにぎりぎりのところでフレーミングして撮っています。
後ろのピンクの丸ボケも同じツバキです。(撮影場所:万博公園)
ツバキ
ツバキの花芯をクローズアップしています。
花芯の右側にうっすら光が入っているところにこだわって撮っています。(撮影場所:都市緑化植物園)
ワスレナグサ
ピンクのチューリップの間で咲いていたワスレナグサを主題にしています。(撮影場所:京都府立植物園)
スノーフレーク
これを撮っているときに、「あっ!スズランが咲いてるよ!」という言葉、何回聞いたことか。
毎年書いてるかもしれませんが、スズランじゃなくてスノーフレークです。(笑)
(撮影場所:都市緑化植物園)
ツバキ
これもまたツバキの花芯のクローズアップです。
手前にもう一輪同じツバキが咲いていたのを前ボケとし、
しべの一本にフォーカスし、あとは全てボケるようにしています。
(以上5枚全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO )

季節はどんどん進んでもうサクラさえ散ってしまいましたが、
次回はサクラ特集です。近いうちにまたUPします。
2017. . 17

せせらぎのシロツメクサ

梅雨入りしているのに、ちっとも雨が降りませんね。
あっという間に季節が過ぎて、もう夏が近くなってしまいましたが、
今回は春の花中心でちょっと季節外れになりつつあります。
クレマチス
紫色のクレマチスがきれいだったので、なんとか作品にできないかと試行錯誤しました。
一見何の花かわからないかもしれませんね。(撮影場所:京都府立植物園)
クモの巣
今年初めてのクモの巣撮影。クモの巣と言えば江口先生のイメージが強いので、自分で撮影に出掛けるときには
撮りませんが、撮影実習の時のみ撮っています。(撮影場所:京都府立植物園)
シャガ
シャガをシンプルに緑の背景でまとめました。(撮影場所:京都府立植物園)
シロツメクサ
川岸で咲いていたシロツメクサを水面の反射の丸ボケをバックにして撮っています。(撮影場所:万博公園)
ルピナス
白のルピナスを色とりどりのルピナスを背景に入れて撮っています。
江口先生はこれを見て一言、「合掌!」(笑)
そんなイメージですかね?(撮影場所:万博公園)

一年で一番撮影意欲も集中力も衰える夏が近づいてきましたが、コンディションを整えて
ひと夏乗り切りたいと思います。
2017. . 26

桜 2017

前回の予告通り、今回はサクラ特集です。
ソメイヨシノはとっくに散ってしまいましたが、ヤエザクラは今も見ごろなので、
つい最近までサクラを撮っていました。
ソメイヨシノ
ソメイヨシノの一輪だけにフォーカスし、あとは前ボケだけで構成しています。
ボケの部分の微妙な色と光の違いを見分けて柔らかいイメージになるように意識しています。
(撮影場所:万博公園)
ソメイヨシノ
同じくソメイヨシノですが、ひとかたまりになって咲いている枝を、後ろの木の葉っぱの丸ボケを背景にして
まとめました。(撮影場所:万博公園)
サクラ
こちらは確か弓削(ゆげ)という品種だったと思います。
ほぼピンクだけで女性らしさを意識して撮ったつもりです。(撮影場所:京都府立植物園)
シダレザクラ
シダレザクラと夕日の丸ボケの組み合わせ。昼間の明るい時間帯とはまた違った雰囲気になりますね。
(撮影場所:京都御苑)
ヤエザクラ
ヤエザクラです。
ファインダーを覗いたときに見えた後ろのボケがとーってもきれいだったので、この背景を活かせる主題を探しました。
背景から考えるパターンもあります。(撮影場所:京都府立植物園)
(以上5枚 Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)
シダレザクラ
満開のシダレザクラをフィッシュアイで捉えています。
一日中この木を撮っていたいと思ったほど美しいシダレザクラでした。
観光客に人気の京都御苑なので、良く見ると画面の端っこに観光客が写り込んでいるかもしれません(笑)。
(Nikon D750+ SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 撮影場所:京都御苑)

さて今回も様々な撮り方で、サクラの美しさを表現出来たかなと思っています。
毎年同じ場所で撮っても毎年違う作品になるように、今後もたゆまず進化していきたいと思います。
2017. . 07

『雪のひとひら』

今年は桜の開花が遅めでしたけど、ようやく我が家の近所でも桜が満開となりました。
でも、今日は雨降りのため撮影には行けてません。(^^;)
明日も天気予報では晴天とはいかないようですが、満開を逃したくないのでどこかへは
行ってこようと思います。
さて、3月中に撮っていたものをようやくUPします。
スノードロップ
クロッカスと一緒の時期にスノードロップが咲きだすと、次々と春の花が開花し始めますね。(撮影場所:京都府立植物園)
ツバキ
今年はツバキの開花が遅くて3月になってからたくさん咲きだしました。
いつもとは撮り方を変えて、前ボケを使いつつ、手前の花びらのラインの部分にフォーカスしてます。(撮影場所:万博公園)
ツバキ
白いツバキなので後ろに空のブルーを入れて、清々しい感じに仕上げました。(撮影場所:都市緑化植物園)
スノーフレーク
この花を見て「あ!スズランだ!」という人が多数おられましたが、スノーフレークです。
スノーフレークと聞くと、ポール・ギャリコさんの美しい小説『雪のひとひら』を思い出します。(撮影場所:京都府立植物園)
ツバキ
ツバキの花芯のクローズアップです。今年はこの撮り方がいつになく多かったな~。(撮影場所:万博公園)
(以上全てNikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

この数日はまた桜で毎日飛び回ることになりそうです。
既に撮ったものもあるので、近いうちに桜特集をやってみたいと思っています。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。