2018. . 16

冬の終わり

なんと9か月ぶりの更新となってしまいました。
7月に熱中症で倒れて以来、夏の間は撮影自粛。(。-_-。)
秋になって恐る恐る撮影再開し、写真は撮っていたものの
長雨や台風の影響で思ったほど作品が揃わず。
冬になってようやく調子よく撮れていたものの、ブログの更新は
ズルズルと先延ばしにしてしまいました。
そうこうしているうちに、冬ももう終わりですね。(*´v`)
サザンカ
花びらが開ききる前のサザンカです。
空のブルーを背景に入れて爽やかなイメージに仕上げています。(撮影場所:万博公園)
シズク
温室のポインセチアの葉っぱの上に乗っていた雫を逆光で撮っています。
お天気の良い日で、しかも朝一番の水やり直後だったのでこういう写真が撮れました。(撮影場所:都市緑化植物園)
ツバキ
これはツバキなのかサザンカなのかよくわかりません。
白にピンクの縁取りがかわいい花でした。
これも前ボケで柔らかいイメージにしています。(撮影場所:京都府立植物園)
サザンカ
一番上のサザンカが咲くとこうなります。
背景のサザンカやサザンカの葉っぱを色の丸ボケにして取り入れることで
美しく見えるようにしています。(撮影場所:万博公園)
ハクバイ
ハクバイです。
今年は寒い日が多かったのでウメの開花が遅れました。
梅の枝やら葉っぱやらは写したくないので、前ボケで隠しています。(撮影場所:万博公園)
(以上5枚全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO )

今年はどれくらい撮影に行けるかわかりませんが、
時間と体力の許す限り頑張って撮り続けようと思います。
スポンサーサイト
2017. . 27

三寒四温

今年の冬は気温の変化が目まぐるしかったですね。
雪も何度も降ったし、でも温かい日も多かったし。
いつになくツバキの開花がいつもより遅れているような気がします。
でも梅の咲く今頃になると、気温は低くても日差しは確実に春に近づいてきているのを感じます。
これからツバキも一気に咲きそうですね。
ラン
温室のランです。撮影実習の日が雨降りだったのでやむなく温室で撮影となりました。
やっぱり温室の花は季節感がないですね。(´ω`*)   (撮影場所:京都府立植物園)
ツバキ
ツバキの花芯のクローズアップです。前回もこういうのを撮ってますけど、咲いてる環境や光の条件が同じではないので
毎回違った作品になりますね。(撮影場所:万博公園)
スイセン
主題のスイセンの手前に咲いていた別のスイセンを前ボケにしてます。
前ボケにしたスイセンには光が当たっている状態です。(撮影場所:万博公園)
ナノハナ
毎年恒例の京都府立植物園の「早春の草花展」で撮影したナノハナです。
ほぼ黄色だけでシンプルに。(撮影場所:京都府立植物園)
ツバキ
咲いているツバキを背景に入れて華やかにまとめました。
これも背景のツバキには日が当たっています。(撮影場所:万博公園)
(以上全てNikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

モクレンのつぼみは確実に大きくなってきているし、自宅近くのサクラの木には早くも小さな蕾がついている
のを見つけました。一足先に春の兆しを感じている今日この頃です。
2017. . 30

真冬の彩り

年明け早々から、我が家ではインフルエンザウイルスが猛威を振るっていました。
しかし不思議なことに、普段体力にはあまり自信のないはずの私は全く感染せず。
こんなこともあるのですね。
サザンカ
昨年末に万博公園で撮影したサザンカです。12月になると来園者も減ってひっそりとするのですが、
貸し切り状態でゆっくり撮影できるので、冬の公園は落ち着きます。(撮影場所:万博公園)
ツバキ
一輪だけひっそりと咲いていたツバキです。きれいな丸ボケが意図している位置に出てくれる時間まで
待って撮影しました。(撮影場所:都市緑化植物園)
ツバキ
ツバキの花芯を主題にし、残りは全てボケるように撮影しました。(撮影場所:万博公園)
スイセン
寒咲きのニホンスイセンは思い入れのある花で、毎年この花が咲くと旧知の友達に会えたような気がします。
側に寄るといい匂いがするところも好きです。(撮影場所:都市緑化植物園)
ロウバイ
ロウバイもスイセンと同じくいい匂いがしますね。(撮影場所:都市緑化植物園)
サザンカ
色鮮やかなサザンカをこれまた色鮮やかな丸ボケで華やかに。(撮影場所:万博公園)
(以上全てNikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

インフルエンザウイルスが落ち着いたと思ったら、今度は愛ネコの目の角膜に傷がついてしまい、
獣医さん通いをしています。
『年明け早々から家族が病気になったら、その年は良い年になる』というのは私が勝手に考えた
ことわざです。だって去年がまさしくそうだったので!(笑)
2016. . 20

夏の忘れもの

ついこの間、年賀状に使う花写真を選んでいたと思ったのに...
年が明けてから早くも半月以上も経ってしまいました。
今年の年末年始は都市緑化植物園へ行くことが多かったので
今回はここで撮ったものを中心にUPします。
モクレン
モクレンの蕾です。
春が近付くとだんだんとこの蕾が大きくなっていくので、毎年それを見て季節の移り変わりを感じています。
ロウバイ
開き始めたロウバイです。
都市緑化植物園には、ロウバイの木がたくさんあって撮りやすいので
ロウバイを撮りたい時はお勧めです。
スイセン
スイセンは真冬に咲いてくれる大好きな花の一つ。
スイセンの群生に出会うといつも、「おしゃべりな花だな~」と思います。
ぺちゃくちゃ話しかけられている気がするのは私だけでしょうか?
セミの抜け殻
ツバキの花を撮ろうと思ってツバキの木の裏側に回ったら、
葉っぱにこんなセミの抜け殻がぶら下がっていました。
過ぎ去った夏の忘れものです。
思いがけない被写体に出会うと心躍りますね。
チューリップ
今年も促成栽培のチューリップの鉢が置いてありました。
お天気が良かったので、後ろの池の水面の反射を背景にいれることができました。
(以上全てNikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 撮影場所:都市緑化植物園)

毎年同じ場所で同じようなものを撮っていますが、「少しずつでも確実に進歩している」と
自分では思っています(笑)。
今年もたゆまずコツコツと努力していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。
2015. . 06

D750

半年ぶりの更新となってしまいました。
夏の終わりに体調を崩してしまい、
そのまま撮りに行けない日が続いていました。
秋の終わる頃には体調も復活しつつあったものの、
今年の冬はいきなり寒かったので撮影は自粛。
年が明けてから、比較的暖かい日だけ選んで出掛けています。
(健康第一だから仕方ないですね。)
チューリップ
最近は促成栽培で冬に咲かせているチューリップを時々見かけます。
後ろに池があって、水面の反射の丸ボケを背景にしています。(撮影場所:都市緑化植物園)
サザンカ
万博公園は色鮮やかなサザンカがたくさん咲いています。
咲き始めのが特に色が濃くてきれいです。(撮影場所:万博公園)
ロウバイ
ロウバイを撮ったのは久しぶりかな。
これも梅と同じで枝が邪魔して構図が難しい。(撮影場所:都市緑化植物園)
スイセン
ニホンスイセンは好きな花のひとつ。いつかフィッシュアイで群生を撮ってみたいな~と
思いつつ、未だ叶っていません。(撮影場所:都市緑化植物園)
サザンカ
サザンカです。葉っぱの間から覗くようにして撮っています。(撮影場所:都市緑化植物園)
(以上全て Nikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

今回からカメラ本体は、昨年秋に購入したNikon D750を使用しています。
(愛用していたNikon D300、D700、Canon EOS 5Dは全て手離してしまいました。)
少しでも体の負担を減らしたかったため、D750の薄型、軽量化はとても嬉しいところです。
今年も体調に気を遣いながらコツコツ撮っていきたいと思います。

 HOME