2016. . 28

春を告げるハクモクレン

2月26日(金)から3月3日(木)まで、江口愼一写真学園作品展「光の森」大阪展が
富士フィルムフォトサロン大阪で開催されました。
私も週末はこちらの会場で写真展やセミナーの受付や、展示作品の解説などを担当
させて頂いたのですが、本当に多くの方にご来場頂きありがとうございました。
特に江口先生のセミナーは予定していたよりも多くの方にご参加頂いたため、用意していた
印刷物が足りず、急遽、写真学園の会員に配布した分を回収して一般参加の方にお渡しするなど
して対応させて頂いたほどです(笑)。
皆様のマクロの花写真への関心の高さと、江口先生の人気ぶりを再認識する機会となりました。
「光の森」は残すところ、4月1日(金)~4月6日(水)の福岡展のみとなります。
お近くまで来られた方はどうぞ「富士フィルムフォトサロン 福岡」へお立ち寄り下さい。

さて、更新が滞っていましたが、少しずつ撮りためたものがようやく集まりましたので二カ月ぶりにUPします。
ツバキ
ツバキの花の花びら部分をクローズアップしてます。(撮影場所:万博公園)
ウメ
ウメの花です。
手前のしべにだけピントを合わせ、あとは全てボケるように撮っています。
これが結構難しくて何十枚も撮り直しています。(撮影場所:万博公園)
チューリップ
チューリップの花びらの上に乗っていた雫を主題にし、後は前ボケで構成しました。(撮影場所:京都府立植物園
「早春の草花展」)
モクレン
咲いているハクモクレンを主題にしたのは今回が初めてかも。
空のブルーがハクモクレンの白を引き立てるように計算しています。(撮影場所:万博公園)
サクラ
サクラが咲き始めましたね。影が花びらにでないように日陰の花を狙って撮っています。(撮影場所:万博公園)
(以上全てNikon D750+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO)

一年で一番忙しい季節「春」がやってきました。
冬の間は体調が今一つだったのですが、サクラが咲くとじっとしていられないので
春からは体調整えて臨みたいと思います。
スポンサーサイト
2014. . 17

一歩づつ

年が明けてからもう半月も経ってしまいました。

当ブログも2011年に開始してから、もう丸3年が経過しました。
最初の頃の作品を今見ると、「こんなレベルでブログにUPしてたのか!」と
恥ずかしくなるものがたくさんあります(笑)
江口先生の厳しいご指導のお陰で、この2年あまりの間に少しずつでも
腕が上がってきたのではないかと思っています。

やはり写真はコツコツと撮り続けることが肝心ですね。
今年も焦らずたゆまず怠らず努力していきたいと思います。
スイセン
スイセンが群生していました。
そばに座り込んで撮っていると、とてもいい香りが漂ってきます。
ススキ
ススキを青い空を背景に撮ってみました。
何でもないけど気に入っている一枚です。
サザンカ
サザンカです。
他のサザンカの赤い色を丸ボケとして背景に入れています。
ススキ
朝日を浴びて白く光っているススキを、これまた朝日の木漏れ日
でできた丸ボケを背景に撮っています。
ファインダーを覗いてこの丸ボケを見つけた時は、思わず心の中で叫び声をあげたほど
キラキラがきれいで圧倒されてしまいました
ツバキ
ピンクのツバキを青空のブルーと葉っぱの緑の背景でさわやかに撮っています。
(以上全てNikon D300+ TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 撮影場所:都市緑化植物園)

今年も四季折々のお花の美しさと癒しの力が皆様に伝わるように、
頑張って撮り続けていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。
2012. . 01

新年のご挨拶

新年のご挨拶
2011. . 09

古民家の桜

すっかり春らしくなりました。
我が家のすぐ近くにある桜並木も今が満開です。
先日、「日本民家集落博物館」へ桜を撮影しに
行ってきました。
サクラとスイセン
ソメイヨシノとスイセンです。
サクラと古民家
ソメイヨシノの後ろに見えるのは中津川の民家です。
梅の回でもこの建物を背景に撮影しています。
サクラと古民家
ソメイヨシノと越前敦賀の民家です。
ナノハナと古民家
ナノハナの後ろに見えるのは、飛騨白川の民家です。
サクラと古民家
梅同様、サクラにもやっぱり古民家が似合います。

この日、風邪を引いていて体調悪く、マクロレンズで撮影した
写真はどれも失敗。ここにアップしたのはどれもズームレンズ
で撮影したものです。
厳密なピント合わせが必要なマクロは、集中力が欠けるときは
ダメですね。
 HOME